おおかみこどもみてきた~~ - つれづれ箱

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおかみこどもみてきた~~

2012年08月25日 01:56

120824_2112~01
↑画像は劇場のドリンクカップ)
一つ中身無しでくださいって言ったら店員さんが一個かぶせてくれた(右)

おおかみこどもみてきました
雨と雪!!!!

予告観てから絶対行きたいリストに入ってたので、
行けて良かった~~~!!!


とてもとても良いお話でした。


サマーウォーズみたいにドラマチックな何かが起こる訳でも
時かけみたいに甘酸っぱくて切ないドラマが展開する訳でも
ないけれど、
ないけれど!!!!

本当に一番ダイナミックなのは
ファンタジーの有る無しには関わらず、生身の人間の人生なんだなぁ!!!!!

と、強く強く思いました。

だからこれは、お母さんの物語。
一人でがむしゃらに子供二人育ててみせた、強い母の物語。

以下、駄文でちょっとだけ感想です。
打って変わってテンションひどいよ!!!!☆



いっや~~~~~
ほんと、どこを切り取っても文句のつけようがない素晴らしい映画だったのですけれども、
全編から湧き出るマイナスイオンまじ半端なかったのですけれども、
まぁ一番の見所は

しょうねんのうなじですね!!!!!!!(真顔で目だけ変質者の輝き)
あの、ちょっと俯いた時の、首のラインと服の襟との隙間が作り出す
あの絶対領域な!!!!!!!!!!!!!!!
あれ程神聖なものがこの世にあるだろうか????!



いや、うなじも勿論なんですが、
なんで細田監督って、こう、伸びやかな少年の美しい時期(精一杯の婉曲表現)を
切り取るのがお上手なんでしょうか・・・
サマウォのかずまきゅんも相当のものだけど
雨のこの成長ぶり、
これはラブマシーンをも凌ぐ世界の脅威だと思いました。

成長の、表現方法がえろいのかな・・・あ、えろいって言ってしまった。

あどけない4歳児の頃、元気すぎる姉の後ろをこわごわついて行っていた雨が
少しずつ、少しずつ山に近付いて行って、本能と一緒に自我が目覚め出すところは
じわじわと鳥肌物でした。

私が女性だからなのかもしれませんが、
こういう、もう「ある一線」の向こう側にいる存在に対して、
得もいわれぬ憧れと畏怖の気持ちを抱く感じ・・・
それを丁寧に順を追って取り出して、
滑らか~に滑らか~に喉に押し込まれる様な感覚を覚えました。

そう、知っているんだけれど、普段は忘れているのですよね・・・。
自然に対する畏怖とか、畏敬の念とか、頭が自然に下がる気持ち。

それをうま~~く、少年の美しい成長とよりあわせて
最上の食べ物として我々の口に運んでくださる。
ハハー公式様あなたが神です・・・(平伏)

女の子の気持ちは痛いほど一から十まで理解出来るんだなぁ・・・
だからこの姉弟の対比が面白い。


あと特筆すべきは音響。
森の中や雪の中を走る時の音楽の、
節のランダムさがすごい躍動感溢れてて場面にぴったりで素敵だった。
あんな曲、どうやって・・・作るん・・・・・・

音が消えるとか、抽出とか、入り方とか、音の表現が特に素晴らしかった気がします。
声優さんも、合ってた、とても!


耳にも、目にも、脳みそにも
大変美味しゅうございました。

あまりに感動し過ぎてパンフレットを買い忘れたので、
今度仕事帰りに買って帰ってペロペロしようと思います。


最後にひと咆え。
雨たそーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!
おれだぺろぺろさせてくれーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
ひと噛み、いやひと舐めでいいからーーーーーーーーァァァァァ!!!!!!!
ウオオオオオオオオオオオオオオーーーーーーン!!!!!!!!(遠吠え)
スポンサーサイト


コメント

  1. たかこ | URL | -

    Re: おおかみこどもみてきた~~

    お久しぶりです!!貴子です。
    元気かなぁと思って、とっても久しぶりに遊びに来ました。
    愛をもって、ナラちゃんが相変わらず変態で安心しました。笑
    また遊びに来まーす☆

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sidebox2co.blog27.fc2.com/tb.php/1841-0e087b3f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。